初めて出会ったのに前々から知ってると女性に思わせるのがコツ

本当の口利き上手は、女性の方から口説いてほしいと思わせることです。

「なんか難しそう」と思われるかもしれませんが、ちょっとしたことでいいです。

例えば、爽やかな香水をつける、

センスの良い腕時計をはめるなどで

女性はそれだけで好意を持って口説かれたいと思うものです。

口説く前に、「口説かれたい」と
思わせることができれば勝率はぐんと高まります。

事前に自分の情報をお目当ての子にどれだけ与えられるかが重要です。

例えば合コンなどで複数の女性がいる場合、お目当ての子を後回しにして
他の女の子に話しかけながら自分の情報をお目当ての子に伝えます。

身なりや、しぐさ、話し方、話す内容などをしっかり計算して 彼女に好意を持ってもらうのです。

十分に自分の情報を彼女に与えたところで
口利き始めれば、案外すんなり受け入れてくれます。

会話を交わさなくても、口説けてしまう男になるには?

身なりは「清潔感が感じられる」見た目を意識しましょう。

女性はちょっとでも汚らしいと感じるとそれだけで 相手に対して嫌悪感を感じ関係をシャットアウトしてしまいます。

またしぐさに関しては堂々と自信を持って振舞うべきです。
落ち着いていて自信を漂わせてる男を
女性はとても魅力的に感じます。

これは話し方にも関係しますが、堂々と落ち着いていることは
「守られたい」「安心したい」という女性の本能を刺激して
口説かれたいと感じるようになるのです。

話す内容は自分の弱みを隠さず話すことです。

人前で堂々と自分の弱みを話せるという事は

本当に自信のある人間でないとできないことです。

女性はそうした男の強さや自信の表れを
逆にかっこいいと感じます。

 

女性に口説かれたいと思わせるには

たとえ自分に自信がなくても、自分の弱い部分を話してしまいましょう。

「恥ずかしい自分」「最低の自分」「笑われる自分」を 女性の前で堂々と話すことができるようになれば お目当ての女性に好意をもたせ距離をグッと縮めることができます。

自分の欠点を笑いにしてしまうことができれば
大きくポイントをあげることができます。

そういう男性を見た女性は「この人は想像したタイプの無さそう」とか
「私は知ってる男にはいないタイプだし、面白そう付き合ってみたい」って
思っちゃいます。

女性には母性本能があります。

子供みたいに隠し事なく天真爛漫に女性に向かっていけば 女性の母性本能をくすぐることができます。

ですから自分の欠点をどんどん話しましょう。
そして楽しい雰囲気を作ることができれば
口説かれることに対する女性の抵抗感はゼロになります。

その後女性を口説いて一挙に落としましょう。

この場合その日の内にお持ち帰りということも大いにあります。
何せ女性の方から口説かれたいと思って口説かれたわけですから
女性はすでにOKしたも同然なのです。

女性を口説く前に女性が口説かれたいと思うように
仕向けるというこの方法を是非試してみてください。

女性の見た目だけで判断しているとチャンスがない

街を歩いている女性を見て男は
「あの女性は
ちょっと気が強そうだよね」とか
「胸元が開いてるシャツを着ているから
やらせてくれそう」などと
いろいろと妄想したりします。

だいたい口説いてみようかと考えてる時の頭の中では

「この子はやらしてくれそうだな」

「この間ちょっと難しいかな」 というように

大体の見当つけてから声をかけますよね。

という事は、やらせてくれるかくれないかを
女性の見た目だけで判断していることになります。

これは正直なところ大変もったいないです。

実際に所見た感じと、実際癒してくれるかどうかは
まったくかけ離れてるといっても過言ではありません。

胸元が開いたシャツを着ている女の子が

意外と素直な奥手の女の子だったり

見た目おとなしそうなお嬢様風の女の子が

ヤリマンだったりすることがあります。

そういう実際の多様性を無視して、
先入観だけで選別して口説いていても
ナンパの成功率はぐんと落ちます。

女性はファッションを楽しんでいるのであって
自分の性格との関連を全く考えていないのです。

ですから男性は女性の見た目について
柔軟性を持つことが大事です。

柔軟性を持っていない男性は周りから見ても
実は魅力の乏しい人間と映っています。

女性にどんな時もいい男だと感じさせるためには

やっと女性とデートまでこぎつけたとしましょう。
会話の中で女性が「あのタレントが好き」と
まったく興味のないタレント名前をあげたとすればとします。

「嘘でしょう。あの人のとこがいいの」
というようなことを言っていると、

いずれ彼女に捨てられることになります。

やりここは「あのタレントのどこに魅力を感じたんだろう」
と言うように真摯に考える必要があります。

そうすることで彼女の価値観に気づき
今まで自分になかった価値観を得られます。

いずれにしても「食わず嫌い」はダメだということです。
食べてみてから好きか嫌いかを判断すればいいのです。

女性に関しても一緒で、視野を広げて ストライクゾーンの広い男になれば 本当にいい女に出会うことができます。

いろんないい女をしてることが男としての魅力になり
さらに女性にモテるようになるのです。

コメントは受け付けていません。